ビーシュリンプ飼育に適した照明

近年は台湾などでも熱狂的なファンがいるビーシュリンプ。ビーシュリンプの綺麗で固い殻を作り出すために、メタハラを利用して飼育するブリーダーもいますが、メタハラよりもより太陽光の波長に近く、長く利用することができるのがアクアリウムLED照明です。ビーシュリンプは、屋内で飼育する人が多く、自宅の水槽でより太陽光に近い波長を出す照明として登場してきた世界初のアクアリウム用の次世代LED照明です。

特徴

特徴

アクアリウムLED照明は、生体に優しい色分かれの少ない均質な光が大きな特徴です。従来のアクアリウム照明よりも優れた点をご紹介いたします。

特徴を確認する

仕様

仕様

アクアリウムLED照明の灯具と電源部における各部のサイズ、重量、入力電源、消費電力などに関する仕様について、ご紹介いたします。

仕様を確認する

商用化前の実験状況

商用化前の実験状況

アクアリウムLED照明は、「海の生き物にとって優れた照明なのか?」を確認するため、2年間の実証実験を重ねた上で製品化を行っています。

実験状況を確認する

ビーシュリンプ飼育に適した照明

アクアリウムLED照明には、以下のマリンブルー、ディープブルー、ナチュラルホワイト、アクアブルーの4種類があります。ビーシュリンプ飼育においては、ナチュラルホワイトの照明がおすすめです。太陽光に近い波長で、なおかつ生体の美しさを際立たせることができる照明になります。

マリンブルー

マリンブルー詳細

ディープブルー

ディープブルー詳細

ナチュラルホワイト

ナチュラルホワイト詳細

アクアブルー

アクアブルー詳細

ビーシュリンプ飼育に適した照明のご紹介は以上となります。次に、多肉植物、ブロメリア、エアープランツ飼育に適した照明をご紹介いたします。

関連記事:多肉植物、ブロメリア、エアープランツ飼育に適した照明